シミの原因 肝斑(かんぱん)とは?

anchi_a_0003

シミである肝斑(かんぱん)の原因は、紫外線やストレス、ホルモンバランスの影響によるなど、諸説ありますが、実は根本的な原因が医学的に証明されていないようです。

医学的に理由が証明されていなくても、肝斑(かんぱん)で悩んでいる女性は多いのですが・・・。

美容外科のドクターの見解のひとつには「こすりすぎによる肌のバリアの破壊」があるようです。

この「バリアの破壊」を軽減させる事で肝斑(かんぱん)の症状が軽減されるという手法で美容整形のドクターはその対処の術式があるようです。

肝斑(かんぱん)は、女性がメイクをする事との因果関係があるようです。理由として、メイクをしない子供や高齢者には肝斑(かんぱん)が見られない空のようです。

毎日化粧を行い、そのメイクを落とす行為がバリアの破壊につながるというのです。

美容外科のドクターはそういった肝斑(かんぱん)で悩んでいる患者さんが肝斑(かんぱん)をなくそう・隠そうと色々やっているうちにどんどん濃くなる事が、触りすぎてバリアの破壊を悪化させている。という見解を持っているようです。

シミで悩んでいる女性の美容整形外科のカウンセリングが最近多いようです。

※イット!オレンジ文字斜め読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

『若返る』3つの考えを斜め読み

最近は『その女性、とても50際には見えない!』と言われるような少し前ではありえないような中年の女性が多くなった事が普通の時代でもあります。それはひとつは若返りの治療ができる美容整形外科や美容皮膚科クリニックが増えたからでもあります。例えば、リフトアップ手術をすれば、見た目年齢を10歳以上下げること可能だと言われています。これは一昔前に比べて美容整形外科の敷居が低くなった傾向もあります。