顔のたるみの原因・貴方は大丈夫?この生活習慣が老化を促進させる!

058

あなたは大丈夫?綺麗な女性は生活習慣も気を付けてます。

顔のたるみを作ってしまうのってなぜなのでしょう?顔がたるんでしまうのってなんとなく「人は歳をとるから仕方ないのかな…」と諦めてしまっている方、結構いらっしゃるようです。ですが、芸能人の方を見てみると30代・40代・50代の方でもとても美しい方って多いのも事実!
それは何故か。「美容整形でフェイスリフトをしているからでしょう?」と思われるかもしれませんね?確かに、そういった理由もあるかと思います。ですがそれ以外にもモデルさんや女優さんたちがいつまでも綺麗で若々しい理由がもう1つあります。それは、お顔がたるんでしまう生活習慣を送っていないから。
今回は、お顔が何故たるんでしまうのか、たるみをつくってしまう原因についてご説明させていただきます。

参照:フェイスリフト整形について(美サラダ)

顔のたるみの原因4選・この生活習慣が老化を促進させる!

フェイスリフトについて

そもそもたるみとは、長年受け続けた重力に負けた顔の皮膚や脂肪が垂れ下がってしまった状態のことを指します。一番わかりやすいものでほうれい線や二重あご、涙袋のラインに加て口の下や目の下にもたるみが出てきます。特にほうれい線は若い年齢で出やすいたるみとされています。

たるみの原因は大きく分けて4つに分けられます。

  1. コラーゲンの減少や老朽化によるお肌の弾力の衰え
  2. 紫外線によるダメージを受けた
  3. 表情筋が衰えてしまった
  4. 食生活や生活習慣が乱れてしまった

このように、一言で”たるみ”と言っても原因は様々。もしかしたら「わたしかも…」と思わずドキっとしてしまった方もいらっしゃるかもしれませんね?

お肌の弾力の衰え

たるみの原因の最もスタンダードなものなのがお肌の弾力の衰えとなります。私たちの肌は大きく分けると皮膚の表面側の「表皮」と皮膚の深いところにある「真皮」の2つに分けられ、そして真皮層はコラーゲンとエラスチンという2つのたんぱく質があり、これがお肌の弾力を支えています。
ですが、コラーゲンとエラスチンはしっかりとした保っている細胞ではなく、細く入り組んだ「線維」というものです。そのため細胞のように自然と生まれ変わるわけでもなく、歳をとるとだんだんと老朽化する上に新しく作られる量も減少してしまうため、お肌にハリが無くなってしまいたるみが起きてしまいます。

紫外線のダメージ

たるみの原因として多いものであるのが、長年受け続けた紫外線のダメージもまた、たるみの原因となります。そもそいも紫外線と一言で言っても紫外線は『UVA・UVB・UVC』の3種類に分けることができます。
UVCは地上にはほとんど届かないので大丈夫なのですが、問題なのはUVAとUVBの2つとなります。その中でもお肌の深くまで入り込むのがUVAとなります。

この肌の深くまで入り込むUVAがコラーゲンやエラスチンを作る細胞にダメージを与え、コラーゲンやエラスチンの生産量を減らしたるみの原因となってしまいお肌のハリが失われやすくなってしまいます。

表情筋の衰え

表情筋というのは、その名の通りお顔の表情を変えるための筋肉の事。顔の筋肉が衰えてしまうと、皮膚や皮下脂肪が支えられなくなってたるみが起きやすくなります。表情筋の衰えは加齢のみではなく、あまり表情が変わらないという方や、口を動かす必要のないデスクでのお仕事についているという方は、表情筋が衰えやすいようです。

姿勢が悪い方

普段から猫背だという方や、長時間同じ姿勢でいるという方はこれに当てはまるみたい。実は、背中と顔は背骨やリンパ腺で繋がっているため、背中の影響はお顔にも響いてしまいます。そのため猫背になると二重あごのたるみやほほのたるみを引き起こしてしまうようです。

口呼吸

口呼吸が多いという方は、口が半開きの状態が多いということ。すなわち口まわりの筋肉がゆるゆるになり、ゆっくりと筋肉が衰えて二重あごのたるみや、ほほのたるみを呼んでしまいます。
また、口呼吸は呼吸しやすいようにだんだんと猫背になり、悪循環でたるみが悪化してしまいます。

睡眠不足

万病を呼んでしまう睡眠不足ですが、ただ睡眠時間を増やせば何とかなるという訳でもありません。『睡眠時間が6時間以内、寝る前にコーヒーや紅茶などのカフェインを摂ってしまう、寝る前にスマートフォンやPCを触っている、高い枕をつかって眠る』といった方は要注意です。
睡眠は、美肌を作るのに欠かせない成長ホルモンを分泌しますが睡眠時間が短かったり、睡眠の質を妨害するような眠り方をすると成長ホルモンが分泌されにくくなってしまいます。

食生活の乱れ

加えて、炭水化物だらけの食べ物やお肉だらけの食事は勿論・野菜ばかり食べるというベジタリアンな食生活も食事の乱れといいます。食事はあくまでなんでもバランスよく食べることが体の老化を遅くさせます。
特に炭水化物ばかり食べる食事はNG。糖質を摂りすぎることで体の中で「糖化」というたんぱく質と取りすぎたエネルギーが結び付く現象が起きます。するとコラーゲン同士がぺたりとくっついてしまいお肌の弾力を失ってしまうようです。

いかがでしょうか?もうすでにできてしまった大きなたるみはレーザー治療という整形で治すことも可能のようです!フェイスリフト=メスを使うイメージがあって怖いという方はこのような方法も利用するといいかもしれませんね?

顔のたるみ・老化をよんでしまう原因

  • 顔のたるみはやりがちな生活習慣から生まれてしまう。
  • コラーゲンの減少や老朽化・紫外線のダメージがお肌のたるみを作る。
  • 表情筋の衰え・姿勢が悪い方・口呼吸もお顔のたるみの原因に。
  • 睡眠不足・食生活の乱れは身体を老化・糖化させる。


お顔のたるみを避けるためには、きちんとした生活習慣を整える必要性があるということの様です。

読み上げ時間:約355秒/斜め読み時間:約60秒
※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

『若返る』3つの考えを斜め読み

最近は『その女性、とても50際には見えない!』と言われるような少し前ではありえないような中年の女性が多くなった事が普通の時代でもあります。それはひとつは若返りの治療ができる美容整形外科や美容皮膚科クリニックが増えたからでもあります。例えば、リフトアップ手術をすれば、見た目年齢を10歳以上下げること可能だと言われています。これは一昔前に比べて美容整形外科の敷居が低くなった傾向もあります。