美肌こそモテる女性の秘訣!20代のスキンケアのための化粧品選び方法とは?

モテる女性になるための20代のスキンケアとは

20代の化粧品選びはどうしたらいいの?

モテる大人女子は、美肌な方が多いもの。男性の2人に1人は、実は女性の肌をチェックしているのだとか!

部活動で日焼けをしたり、ニキビができやすかった10代を過ぎた20代。まだ若いから大丈夫!と余裕でいるのは少し危ないかもしれません。有名な言葉で「20代はお肌の曲がり角」とさえ言われていますから、気を抜いてしまうと美肌から遠のき痛いしっぺ返しを食らうこと。
いつまでも20代でいることができるわけでもありませんから、30代・40代とのちのちの自分になってもしっかりと美肌でいたいですよね?今回は、20代の化粧品の選び方とスキンケア方法についてお伝えいたします。ぜひ、参考にされてみてください!

肌質は年齢によって大きく変わります。10代の頃はオイリーな肌で悩んでいた方でも20代になると「カサカサしだしてきた」という悩みを抱えるようになります。加齢に加え、学生の頃とは違う食生活や生活習慣も変わりますから、肌に直接影響が出てきます。
また、肌が乾燥しながらも皮脂が多くてお顔がベタベタする、いわゆる「混合肌」になりやすくなるみたい。その為、「大人ニキビがどんどんできてくる」「口周りや頬がカサカサに乾燥する」「毛穴が目立つようになる」という悩みが出てきてしまうようです。
こういった悩みは保湿をしっかりとすれば大丈夫なのですが、のちのちしわやくすみにも悩んでくるため、20代はベタつかないながらも高保湿な化粧品を選ぶことが良いようです。

参照:ニキビ治療について(口コミモール)

美肌のための化粧品選びのコツ・肌に合わせた成分を選ぶ

美肌のスキンケア

20代の化粧品選びには

・自分の肌の状態に合わせた成分を選ぶ。
・化粧水や乳液などの化粧品は同じメーカーで統一する。

この2点が大切になります。

まず、「自分の肌の状態に合わせた成分を選ぶ。」というのは下記のような目的に合ったものを選ぶことで20代のお肌の悩みを解消することができるようになります。

例えば、乾燥肌に悩んでいる方ならば肌の3大保湿因子の1つと言われるセラミドやかなりの保湿力を誇るヒアルロン酸、美肌に欠かせないコラーゲンといった高い保湿性をもつ成分が配合されたものを。
ニキビや毛穴の開き・黒ずみに悩んでいる方ならばニキビケアで名高いビタミンC誘導体のものや、漢方にも含まれるグリチルリチン酸2Kなど、ニキビケアや炎症を抑える力を持つ成分が配合されたものを。
くすみに悩んでいる、美白を望むなら、ビタミンC誘導体やシミの予防効果に優秀なアルブチンなど、美白有効成分が配合されたものを。
こんな風にお肌の悩みに合わせて使い分けることで、的確に美肌を作ることができます。ただ、成分を説明されたって分からない、自分の肌質がイマイチ分からないという方は、美容皮膚科などでカウンセリングを受けるという方法もあります。

美肌のための化粧品選びのコツ・同じメーカーやブランドで統一する。

20代のスキンケア

化粧品を使っていると、乳液がまだ残っているのに化粧水が無くなってしまった。そのため化粧水を買ったけど、前回のものがなくて別のメーカーで買ったという経験、大人女子の誰もがしたことがあるかと思います。約7割の大人女子が、化粧品のメーカーやブランドをそろえていないことが分かりました。ですがこれは美肌のためには、やめた方がいいことみたい。

これは、同じメーカーやブランドの化粧品をそろえることを「ライン使い」というのですが、同じメーカーや同じブランドで揃えることで、きちんと過不足なく美容成分がお肌に行き届くように計算されて作られているから。
つまりブランドやメーカーが違えば化粧品同士相性が悪く、結果スキンケアどころか肌トラブルを呼ぶことになる可能性もあるからです。そのため、なるべくライン使いで整えることがオススメ。

さらに統一するブランドやメーカーでも無理のない価格や、肌がヒリヒリしないかなどで自分が長いこと使い続けられる化粧品を選ぶことがいいみたい。どんな化粧品でも同じ化粧品を数カ月使い続けることで、お肌をしっかりと美しく保つことができるようになります。
いかがでしょうか?これが20代のスキンケアのための化粧品選びとなります。ただし、スキンケアができても顔にくっきりできてしまったニキビ跡や傷跡などはまた別の話になるみたい。ニキビ跡や傷跡が消えずに悩んでいるという方でも、美容皮膚科で治療することができます。

また、美容皮膚科を積極的に利用したり化粧品コーナーで化粧品を売っている方の話を聞きにいくことはスキンケアでもとても大切なこと。彼らはプロですから、お肌についての悩みやどうすればいいか分からない。忙しい毎日ではスキンケアって満足にできないから、せめてお肌のためにどこまでするべきかを聞くこともできます。
また、20代にしては老けてしまっている気がする方は、日々のスキンケアに加えアンチエイジングをプラスして行うことで、男性が思わずドキっとするモテ肌を手に入れることができるようになるはずです!

20代のスキンケア・化粧品についてのまとめ

  • 20代の肌は10代に比べて水分が消え乾燥しだす。
  • 自分の肌の状態に合わせた成分を選ぶことで、的確にスキンケアをする。
  • 化粧水や乳液などの化粧品は同じメーカーで統一することで正しくスキンケアをする。
  • 使う化粧品は無理のない値段のもので構わない。


20代のスキンケアは、10代のころと比べてカサついてきた肌のために10代のころのやり方とは変える必要性があります。

読み上げ時間:約355秒/斜め読み時間:約60秒
※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

『若返る』3つの考えを斜め読み

最近は『その女性、とても50際には見えない!』と言われるような少し前ではありえないような中年の女性が多くなった事が普通の時代でもあります。それはひとつは若返りの治療ができる美容整形外科や美容皮膚科クリニックが増えたからでもあります。例えば、リフトアップ手術をすれば、見た目年齢を10歳以上下げること可能だと言われています。これは一昔前に比べて美容整形外科の敷居が低くなった傾向もあります。