筋トレはアンチエイジングに効果的!エイジングケアを行う前に知りたい注意点とは!?

中年女性の画像

筋トレはどんな風に行えばアンチエイジングになるの?

アンチエイジングには筋トレが欠かせません。

特に中年と呼ばれる年齢には、筋トレは絶対した方がいいです。

ただ、ここで言う筋トレは激しいものではなくウォーキングとスクワットのみで構いません。

1日30分のウォーキングを週4回、1日10分のスクワットを週4回。このセットがアンチエイジング効果を発揮してくれるのです。

これに加えて背筋を常に伸ばすことを意識すれば、さらにアンチエイジング効果を発揮します。

雨が降っているなどで外に出れない場合は、太ももと床が水平になるくらいまで足を上げる足踏みなどでも十分アンチエイジングの運動になります。

足踏みをする際は、腕を大きく振ると腕の筋肉も使います。身体がじんわりと熱くなってきたら、足踏みをやめても構いません。

簡単な筋トレが身体に向いている理由と注意点とは?

家事を行う画像

アンチエイジングに向いた運動というのは、簡単な筋トレだと言われています。

簡単な筋トレでも続けることで、カロリーを消費しやすい身体へと変わっていくからです。

ただこのアンチエイジングの筋トレを行う際、筋肉を休ませる日を設けることが大切になります。

これは筋肉を効率よく作るために必要で、1~2日ほど休みを入れるとうまく筋肉を作ることができます。

筋トレを休む日は、普通に階段を上り下りしたり家事をしたりで身体を動かします。

筋肉を休ませる日に知っておきたいことは?

ウォーキングをする女性の画像

アンチエイジングの筋トレを休んでいい日と聞くと、ダラダラとしてしまいがちになりますがそれは止めてください。

ダラダラと過ごしてしまうと、せっかく筋肉をつけたとしても元の太りやすい体へと戻ってしまいます。

アンチエイジングの筋トレをする日は、少しきつめのウォーキングを1日30分・スクワットを1日10分。

アンチエイジングの筋トレを休む日はスクワットやきつめのウォーキングは休みますが、普通のウォーキングくらいなら行ってください。

アンチエイジングに筋トレを行う注意点のまとめ

  • 中年と呼ばれる年齢には、筋トレは絶対した方がいい。
  • 1日30分のウォーキングを週4回、1日10分のスクワットを週4回のセットがいい。
  • アンチエイジングの筋トレをしない日を設けることが大切。
  • 筋トレを休む日だからといって、ダララダラ過ごすとかえって太ってしまう。


筋トレは簡単に、休憩日も入れてください。頑張りすぎないことが大切!

読み上げ時間:約168秒/斜め読み時間:約29秒
※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

『若返る』3つの考えを斜め読み

最近は『その女性、とても50際には見えない!』と言われるような少し前ではありえないような中年の女性が多くなった事が普通の時代でもあります。それはひとつは若返りの治療ができる美容整形外科や美容皮膚科クリニックが増えたからでもあります。例えば、リフトアップ手術をすれば、見た目年齢を10歳以上下げること可能だと言われています。これは一昔前に比べて美容整形外科の敷居が低くなった傾向もあります。