アンチエイジングに効果的!ウォーキングとスクワットが体の老化を防ぐ理由

ダイエットをする女性の画像

中年と呼ばれる年になると、筋トレが効果的!

筋トレと聞くと、普段から運動はあまりしない方にとって億劫に感じると思います。

若い頃ならまだしも、エイジングケアを考え始めた年齢ならば尚更。

中年と呼ばれる年齢には筋トレは絶対した方がいいです。

とは言っても、スポーツジムに通うような筋トレはNG、アンチエイジングに取り入れる筋トレは簡単なものにしましょう。

アンチエイジングのおすすめの筋トレはウォーキングとスクワット。この2つだけで構いません。

1日30分のウォーキングを週4回、1日10分のスクワットを週4回。

このセットが身体が若返る秘訣となります。

では、そのメリットについて、詳しく説明をしてゆきます。

歳をとると、体はどのように変化する?

歳をとる女性のイメージ

身体が老けるということは、身体の基礎代謝力というものが落ちてゆくいうこと。

基礎代謝力が落ちることで脂肪がつきやすくなり、女性ホルモンなどの分泌も下がってしまいます。

「最近太りやすくなった」と感じて、ひとまずでダイエットを始めたとしてもうまくいきません。

歳をとることで筋力が落ち、脂肪を燃焼する力が弱まってしまいます。

間違ったダイエットをすれば、リバウンドしやすくなってしまう。

こうして内臓脂肪がため込まれやすくなり、「隠れ肥満」の女性が増えてしまうのです。

ウォーキングを「有酸素運動」にすることで、アンチエイジングに効果的!

ウォーキングでエイジングケア画像

急激に痩せるようなダイエットは、アンチエイジングには向いていません。

かといって太った体は老化を促進させます。

だからこそ、着実に痩せる方法としてウォーキングとスクワットをおすすめします。

「脂肪を減らす」と考えるのではなく「筋肉を増やして痩せやすくする」というのがこの筋トレの狙い。

1カ月に1~2kg減らすくらいのスローペースがちょうどいいのです。

アンチエイジングに取り入れるウォーキングでは、ただ歩けばいいというものではなく、早歩きを意識しましょう。

やや早く・大股に歩くことで少し息が上がるくらいを意識してください。

息が上がることでただのウォーキングを「有酸素運動」に変えると、体脂肪を燃やす効果を発揮します。

スクワットは継続しやすいからエイジングケアに向いてる。

スクワットでアンチエイジング画像

スクワットはラクに筋力を上げることが可能なうえ、他の筋トレと比べて比較的継続しやすい。

スクワットもまた意識をして行うことで、アンチエイジングに効果を発揮してくれます。

ゆっくりとした動作で膝を曲げ、そしてゆっくりと膝を伸ばします。

あくまでゆっくり行うことが大切です。

そして膝は曲げ切らない、伸ばし切らないことも重要。

これは膝に負担をかけて痛くなるのを避けるためです。

継続することが大切なのだから、痛むような筋トレは避けた方がいいのです。

アンチエイジングに適した筋トレ方まとめ

  • アンチエイジングに取り入れる筋トレは簡単でいい。
  • 老けると内臓脂肪が溜まりやすくなり、隠れ肥満が増える。
  • 着実に痩せる方法としてウォーキングとスクワットがよい。
  • 継続性の高いダイエットが、エイジングケアにピッタリ。


他の筋トレだと、3日坊主になってしまう。誰でもできて体に負担をかけないウォーキングとスクワットが、アンチエイジングに適しています。

読み上げ時間:約154秒/斜め読み時間:約42秒
※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

『若返る』3つの考えを斜め読み

最近は『その女性、とても50際には見えない!』と言われるような少し前ではありえないような中年の女性が多くなった事が普通の時代でもあります。それはひとつは若返りの治療ができる美容整形外科や美容皮膚科クリニックが増えたからでもあります。例えば、リフトアップ手術をすれば、見た目年齢を10歳以上下げること可能だと言われています。これは一昔前に比べて美容整形外科の敷居が低くなった傾向もあります。