綺麗な女性は「少し早く歩く」でカラダ美人になります!大人女子たるもの、有酸素運動でいつまでも若々しい体を保ちましょう。

アンチエイジングに運動は必須!では一体どんな運動がいいのでしょうか?

大人女子がアンチエイジングに取り入れたい適度な運動とは何でしょうか?

適度な運動。そういわれてもこのラインはどこからどこまでを適度というのでしょうか?若い体でいるために必要なこの「適度な運動」というのは、じゃあどんなことをすればいいのかと聞かれるとわからない大人の女性が多いものです。

「適度」は人にもよりますが、簡単に言えば5分ほどで少し汗ばむくらいと思ってください。楽ではないけどきつくもなく、自分が感じる「ややきつめ」だと感じる程度のことを言います。

例えばウォークングなら、「普段よりやや早めで歩幅が広い」「ちょっと息がはずみ、長時間続けられるか少し心配」と思う歩き方が適度な運動の目安となります。

適度な運動は老化の原因ある活性酸化を消す力があることが、最近の研究でわかってきました。運動というのはすなわち抗酸化剤でもあったのです。

運動が体に言い理由、きちんと答えられますか?

アンチエイジングと運動

そもそも運動というのは、行うことで、エネルギーが消費され脂肪が燃えます。また、運動をすることで筋肉が増えて基礎代謝力が上がり、太らない老けにくい体となるのです。

だからこそ運動を進めるというのはありますが、他にも心肺機能を強くしたり血糖値を下げてくれる効果もあります。これを聞けば運動しない理由なんてないですね!

運動といっても行ってほしいのは有酸素運動となります。運動をする際に酸素を取り込んで、スタミナをつけながら効率よく体脂肪を燃やすことが出来る運動だからなのです。

スタミナが付けば、心臓や血管の病気にかかるリスクが減り、死亡率もグっと下がるという研究結果もあります。ウォーキングやゆったりとした水泳など手軽で心臓になるべく負担のかけない運動をしましょう!

アンチエイジングに運動は必須!では一体どんな運動がいいのでしょうか?

  • 適度な運動とは、楽でもなければきつすぎない「ややきつめ」の運動。
  • ウォーキングの適度な運動は、少し息が弾むくらいが目安。
  • 運動がいい一番の理由は、太らない老けない体となれるから。
  • 有酸素運動をすることで心臓や血管の病気のリスクが下がります。


ただし、とてもキツい運動をしてしまうと逆に老けやすい体になります。ご注意を

読み上げ時間:約127秒/斜め読み時間:約33秒
※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

『若返る』3つの考えを斜め読み

最近は『その女性、とても50際には見えない!』と言われるような少し前ではありえないような中年の女性が多くなった事が普通の時代でもあります。それはひとつは若返りの治療ができる美容整形外科や美容皮膚科クリニックが増えたからでもあります。例えば、リフトアップ手術をすれば、見た目年齢を10歳以上下げること可能だと言われています。これは一昔前に比べて美容整形外科の敷居が低くなった傾向もあります。