冷え性改善は夏にも必要です!若さの鉄則は体を温めてくれる食事を摂ること。アンチエイジングに励む大人女子必見です!

DITという、熱量から見た大人女子のアンチエイジングの観点を、貴方も意識してみましょう!

アンチエイジングに励む大人の女性が知りたいDITとは一体何なのでしょうか?

人は、食事をすることで、体を温めたり時に汗を掻いたりします。この汗、食べ物を消化吸収する過程で出る汗なのですが、どうして汗を掻くのでしょう?

体内に吸収された栄養素が分解され、その一部が熱となります。つまり食事をした後は、人はエネルギー代謝量が増えているのです。この熱を専門用語では食事誘導性体熱産生・通称DITといいます。

このDITは誰にもでありますが、もちろん個人差が生じてしまいます。たくさん熱を発生する人はその分エネルギーの消費が多く、太りにくいのです。

そしてDITは基礎代謝力と同じように、年齢を重ねるほど低くなるものでもあります。だからこそ、上げることがアンチエイジングにも繋がるのです。

アンチエイジングにも効果が大きいDIT。熱量を上げるには食事法にヒントがあります。

アンチエイジングと熱量

DITは食事の仕方で変化をします。

まずはよく噛んで食べる事。20回ほど噛みましょう。とはいっても、噛みすぎてイライラするような食事の仕方になってしまうならやめてください。イライラしない程度によく噛んで食べることが大切です。

よく噛むことを意識すれば自然とゆっくり食べることになるため、早食いや食べ過ぎを防ぐことが出来ます。

少ない食事量で満腹になることが出来ますし、血糖値の上昇を緩やかに切り替えることが出来ますから、そういった面からでもアンチエイジングにつながることが出来ます。

次に、体を温める食事を摂る様にしましょう。冬は勿論、夏だって体を温める食事が大切です。特に夕食にじんわりと汗を掻くものを選ぶことで「体が老けない」夕食が食べれます。

鍋料理は積極的に食べてほしいもの。今はいろんな料理本や、料理サイトで数え切れないほどの鍋料理がありますから、ぜひ参考にしてみてください。

また、香辛料が入った料理も食べていきたいものではあります。しかし毎日食べていると今度は逆に逆流性食道炎になったりするので、あくまでたまに食べることをお勧めします。

DITという、熱量から見た大人女子のアンチエイジングの観点を、貴方も意識してみましょう!

  • 食事をすることで出る熱を、食事誘導性体熱産生・通称DITといいます。
  • DITは歳を重ねるほど低くなるものであり、高いほど若返りに良いのです。
  • 20回ほど、よく噛む食事法を取りましょう。よく噛めば早食いなども防げます。
  • 鍋料理がオススメです。ただし香辛料が多い食事はあくまでたまに食べましょう。


また、朝におかゆを食べるとDITが上昇します。朝おかゆに挑戦するのもおすすめです!

読み上げ時間:約150秒/斜め読み時間:約41秒
※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

『若返る』3つの考えを斜め読み

最近は『その女性、とても50際には見えない!』と言われるような少し前ではありえないような中年の女性が多くなった事が普通の時代でもあります。それはひとつは若返りの治療ができる美容整形外科や美容皮膚科クリニックが増えたからでもあります。例えば、リフトアップ手術をすれば、見た目年齢を10歳以上下げること可能だと言われています。これは一昔前に比べて美容整形外科の敷居が低くなった傾向もあります。