アンチエイジングのネタバレ集。食べたものを消化してキレイになるコツとは…?実は貴方も知っていることだった!?

消化酵素とアンチエイジングの話

40代に差し掛かると、若い頃に比べて食が落ちてしまったなぁ…というのを、多くの人が感じるようになります。

それは、胃酸と消化酵素の両方の分泌量が減ってしまうから。そのために食が落ちてしまうのだそうです。

特に消化酵素の分泌量が低下してしまうのは大きな問題です。何故なら消化がうまくいかないときちんと栄養が吸収できなくなり、体はより衰えていきます。

また、消化酵素が減ることで代謝酵素という、免疫力や新陳代謝の働きを持つ酵素も減ってしまうのです。


消化酵素というのは、一生のうちに人がどれだけ分泌できるのかというのが決まっているもの。どういう事かというと、消化酵素をたくさん使うような食べ方をしてしまうのか、それとも少しづつ大事に使うのか。

消化酵素をムダ使いしない食べ方をすることで、老ける体か老けない体かという分かれ道になります。では、消化酵素をムダ使いしない食べ方というのはどういうものか。簡単に言うと、胃や腸などの消化器に負担をかけない食べ方です。

また、分泌量の低下を少しでも補うためには、食材から取り入れる必要もあります。消化酵素は生の食材からしか補充することができません。生の野菜や生肉、生魚で吸収をすることができます。裏を返せば、加熱することで消化酵素は失われてしまいます。

お肉は焼かないと危険ですが、消化器には負担をかけています。だからこそ、焼肉屋に行くと付け合わせに生野菜や生野菜を発酵させたキムチが一緒に出てくるのです。

キムチや生野菜が、消化を助けてくれるからなんですね。また、消化酵素を無駄遣いしない食べ方は、誰もが知っている「腹八分」

食事は動けなくなるほど満腹に食べてしまうと、消化酵素をムダ使いする上に、老化を進めてしまう活性酸素を大量発生させてしまいます!

食べすぎはアンチエイジング面から見ても、やっぱり禁物なんですね。

消化酵素とアンチエイジングの話

  • 食欲が落ちてゆくわけとは?
  • 消化がうまくいかないとどうなる?
  • 消化酵素は大切に
  • 腹八分はやっぱり守るべき


1日10分の筋トレと15分の散歩を取り入れてダイエットをしましょう!

読み上げ時間:約133秒/斜め読み時間:約30秒

※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

『若返る』3つの考えを斜め読み

最近は『その女性、とても50際には見えない!』と言われるような少し前ではありえないような中年の女性が多くなった事が普通の時代でもあります。それはひとつは若返りの治療ができる美容整形外科や美容皮膚科クリニックが増えたからでもあります。例えば、リフトアップ手術をすれば、見た目年齢を10歳以上下げること可能だと言われています。これは一昔前に比べて美容整形外科の敷居が低くなった傾向もあります。