老化を予防するには人参を食べましょう!貴方は老ける人?ずっと若い人?大人女子力診断です!

アインチエイジングに人参が味方になる理由

アンチエイジングに精を出す大人女子の天敵である活性酸素のことは、ご存知でしょうか?

活性酸素とは、老化や病気の要因の一つで、私たちが生きるために呼吸をする際にいつも取り入れている酸素の2%が活性酸素と謳われています。

そもそも活性酸素の働きというのは、外敵から体を守るという重要なものです。ではなぜ老化に関係してしまうのでしょう?

それは、活性酸素が体内で増えすぎてしまうと、体を攻撃しはじめるからです。


体にはもちろん、活性酸素を取り入れているのですから活性酸素から受けたダメージを修復する機能だって持っています。しかし、発展した現代の環境というのは、活性酸素を発生しやすくしています。そのために修復機能が追い付かないのです。

また、人間には活性酸素を消去する酵素も持っているのですが、この消去酵素は加齢に伴って減少するのです。だからこそ、この消去酵素を増やすために、食事を工夫しなくてはいけないのです。

消去酵素はたんぱく質から作られます。そして、亜鉛や銅。マンガンなどの補助によって作られるに、こういったものを意識して食べて下さい。特に亜鉛は不足しがちになってしまうので、亜鉛が含まれるレバーや牡蠣などを積極的に摂りましょう。

40歳前後に差し掛かったなら。消化酵素が減らないようにしつつ、それに加えて消化酵素の代わりになる抗酸化物質を積極的に摂りましょう。

つまり、ベーターカロテンやビタミンE。ビタミンCやポリフェノール、フラポノイドなどを摂取してくださいということです。ベーターカロテンといえば、なんとなく人参に多く含まれていそうなイメージがあると思います。

人参というのは、緑黄色野菜の王様と呼ばれています。ベーターカロテンが豊富なだけではなく、食物繊維やビタミンB1、鉄分やカリウムも多く含まれています。また、ビタミンCやミネラルも豊富なのだから、人参が『王様』と呼ばれる理由がわかりますよね?

これだけ栄養素が豊富だったとしても、ビタミンCなどは加熱すると壊れたり、水に溶けだしてしまうので、せっかくの栄養素が勿体ないですよね。では、どんなふうに人参の栄養素を、最大限の状態のまま取ればいいのでしょうか?それは、人参を生のスティック状態にして、オリーブオイルと塩を付けて食べるのです。

生のまま食べれば、繊細なビタミンCは失いません。ベーターカロテンは油と一緒に食べることで、体の吸収力が上がりますからね。

アインチエイジングに人参が味方になる理由

  • 大人女子の天敵活性酸素とは?
  • 老化が進む理由
  • 亜鉛を積極的に摂りましょう
  • 40歳になったなら抗酸化物質を
  • 緑黄色野菜の王様:人参


より老けやすくなった現代人。だからこそ老ける人と若い人の差が出ます!

読み上げ時間:約172秒/斜め読み時間:約43秒

※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

『若返る』3つの考えを斜め読み

最近は『その女性、とても50際には見えない!』と言われるような少し前ではありえないような中年の女性が多くなった事が普通の時代でもあります。それはひとつは若返りの治療ができる美容整形外科や美容皮膚科クリニックが増えたからでもあります。例えば、リフトアップ手術をすれば、見た目年齢を10歳以上下げること可能だと言われています。これは一昔前に比べて美容整形外科の敷居が低くなった傾向もあります。