長生きの秘訣は『野菜の栄養素』をきちんと吸収すること!1日どれだけ食べてる?大人女子力診断です!

野菜とアンチエイジングの話

若返りのために、野菜はたくさん食べてほしい食品です。野菜に含まれるビタミンやミネラルが、たんぱく質や脂質の働きの手助けをしてくれます。

栄養素が全力で仕事ができるようにし、体を強くするため欠かせない栄養素が野菜にはたっぷり含まれているのです。

厚生労働省が定めた、1日に野菜を合計350g摂るようにということを聞いたことがない大人女子はいないでしょう。そのうちほうれん草やトマトなど色の濃い緑黄色野菜を120g。

タマネギやレタスなど、色が薄い淡色野菜を230g摂るようにと勧められているのです。


とは言われても、350gとは一体どれくらいなのかと言われても、よくわかりませんよね?分かりやすく言うのなら、小鉢や小皿に入った野菜料理を1日5皿食べた量といえます。

定食や居酒屋で出される小鉢に入った煮物やおひたしで1皿とカウントしましょう。そして1日3食食べるとして、1食小鉢2つ分食べればクリアとなります。

生野菜で350gの量の野菜を摂ろうとすると結構な量となり、大変です。生野菜で食べることでもちろん栄養素は高いのですが、上手に加熱した料理も摂取しましょう。

緑黄色野菜は特に、体の活性酸素を減少させて、ガン予防や老化防止に効果があるベーターカロテンが豊富です。また、ビタミンCやカリウム。鉄やカルシウムなどを多く含んでいて、非常に優秀食材ともいえるのです。

では、淡色野菜はどうなのかというと、こちらも優秀食材。ビタミンやミネラル。食物繊維が豊富なため、免疫力を高めたり、生活習慣病を予防してくれます。特に淡色野菜は年中、売られているために手に入りやすく、また食べやすいのも嬉しいですよね。

ずっと若い体を作るためにも、野菜は摂りすぎという考えはありません。むしろ現代日本人は野菜が足りてないくらいです、どんどん食べてゆきましょう。

もちろん350g超えられるようなら超えてください!何故なら、野菜を多く摂取した方が寿命が延びると謳われています。がんや心臓病のリスクも低下することもわかっているのです。

また、野菜を旬物を意識すると、より効果的だということもわかっています。旬物を食べることで夏なら体を適度に冷やし、冬なら体を温めてくれるからです。

野菜とアンチエイジングの話

  • 野菜はアンチエイジングの味方
  • 1日350g摂取することを心がける
  • 緑黄色野菜と淡色野菜
  • 350gとはどれくらい?
  • 野菜の驚きの効果


野菜の力をうまく使って、賢くアンチエイジング。

読み上げ時間:約156秒/斜め読み時間:約42秒

※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

『若返る』3つの考えを斜め読み

最近は『その女性、とても50際には見えない!』と言われるような少し前ではありえないような中年の女性が多くなった事が普通の時代でもあります。それはひとつは若返りの治療ができる美容整形外科や美容皮膚科クリニックが増えたからでもあります。例えば、リフトアップ手術をすれば、見た目年齢を10歳以上下げること可能だと言われています。これは一昔前に比べて美容整形外科の敷居が低くなった傾向もあります。