若い女性でいるためにはお肌をベタつかせない!大人女子なら守りたいアンチエイジング3大原則発表します。

糖質の上手な付き合い方とは?

最近よく耳にする糖化、これは健康と美容の大敵とされる体内で起きる現象です。では糖化を避けることができるのなら、老いない体になるのではないの?

確かにそうなります。しかし、糖化の原因になる糖質は、体にとって大切な栄養素であり、全く取らないというのは逆に体に悪いのです。

そもそも糖質は、体脂肪を燃やす火種の役割をします。糖質があることで体脂肪は燃えています。

また、糖質は脳や赤血球の主なエネルギー源にもなっています。体的にも脳的にも、糖質はとても大切な栄養素となるのです。


ある程度糖質は必要なのだとわかっていただけたと思いますが、摂りすぎは厳禁な栄養素でもあります。

では、糖質を上手に摂るために、一体どんな風な食事方法を摂ればいいのでしょうか?それは1回の食事で以下のようなことを守っていただいてほしいです。

  1. 野菜はたっぷり食べること。
  2. 赤身の肉や納豆。魚や卵。チーズや牛乳などのたんぱく質に分類される食材を2種類以上は摂ること。
  3. ご飯やパンなどの炭水化物は控えめにすること。

1回の食事にこういったものを守ってください。また、アンチエイジングには食べ方も気を使ってほしいです。いきなり炭水化物を食べては血糖値が一気に上がってしまいます。そうすれば体は糖化するばかりです。

血糖値の上昇を緩やかにするためには、野菜からまず食べます。野菜のような食物繊維の後は肉や魚などのたんぱく質。そして最後に炭水化物を食べましょう。

また、野菜でも肉じゃがのように砂糖をたっぷり使った料理は後回しにします。野菜はたくさん食べることが、アンチエイジングのコツになります。

糖質の上手な付き合い方とは?

  • 糖質は本当に体の敵なの?
  • 本来の糖質の役割
  • 摂りすぎは厳禁
  • 1回の食事メニューの理想
  • 体を糖化させない食べ方


3大原則に加えて野菜をたくさん食べることを心がけることが、アンチエイジングになります。

読み上げ時間:約118秒/斜め読み時間:約28秒

※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

『若返る』3つの考えを斜め読み

最近は『その女性、とても50際には見えない!』と言われるような少し前ではありえないような中年の女性が多くなった事が普通の時代でもあります。それはひとつは若返りの治療ができる美容整形外科や美容皮膚科クリニックが増えたからでもあります。例えば、リフトアップ手術をすれば、見た目年齢を10歳以上下げること可能だと言われています。これは一昔前に比べて美容整形外科の敷居が低くなった傾向もあります。