若返る体になるには昼食がカギ!?大人女子力をアップさせるアンチエイジングのコツを公開します!

アンチエイジングと昼食の関係

ずっと若い体でいるためには、アンチエイジングにおいて、食生活もまた非常に重要になります。

そしてその食生活の中でも、昼食が最も大切になるのです。

人の体というのは「日内変動」というリズムが備わっています。

簡単に言えば、体内時計みたいなもの。

この日内変動によって、昼頃に体が活発に動くようになるのです。

日内変動を基準とした人の一日は、朝は排泄の時間。昼は消化の時間。夜は吸収の時間と分けられます。


どういう事かというと、朝はまず排泄があってから食事をして栄養を摂ることが理想とされます。

つまり、前夜の際に飲み会などで胃がもたれているようなら、朝食をとらずに休ませた方がいいでしょう。朝食は体温を上げてくれて、頭の回転も速くしてくれますが、無理は禁物です。

朝食は出来るだけ摂るようにし、昼食の際にインスリンが増えすぎてしまわないようにした方がいいのです。

理想の朝食は、温かなおかゆと、みそ汁や納豆と摂ることで、おなかに優しいメニューにします。

昼は人は活発に活動しているために、その分交感神経も活発です。

胃の働きがよくなり、食べ物が積極的に消化・吸収されます。消化の時間の食事、つまり昼食が細胞や臓器に元気を送ります。先ほど食生活の中で一番大切なのは昼食といった理由はこれです。

昼食は和食定食のようなバランスのとれた食事をしっかりと食べることで、体の隅々まで元気を送り、無駄な間食を防ぎます。

夜は1日の疲れをとるために、睡眠の準備として吸収の動きか活発になる時間帯です。

ここで高カロリーの食事を摂れば、メタボになりやすいのは当然。夕食はより一層食事に気を使いましょう。

アンチエイジングと昼食の関係

  • アンチエイジングでは昼食が大事
  • 人の1日の流れと日内変動
  • 朝は排泄の時間
  • 昼は消化の時間
  • 夜は吸収の時間


朝と夜は軽めの食事を摂り、昼はしっかりと食べることが、適切な食事法といえると思います。

読み上げ時間:約120秒/斜め読み時間:約34秒

※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

『若返る』3つの考えを斜め読み

最近は『その女性、とても50際には見えない!』と言われるような少し前ではありえないような中年の女性が多くなった事が普通の時代でもあります。それはひとつは若返りの治療ができる美容整形外科や美容皮膚科クリニックが増えたからでもあります。例えば、リフトアップ手術をすれば、見た目年齢を10歳以上下げること可能だと言われています。これは一昔前に比べて美容整形外科の敷居が低くなった傾向もあります。