若返り食材と呼ばれる和食の秘密とは何でしょうか。

和食が若返り食である理由

我が国の食事こと「和食」が世界遺産に登録されたのが2013年のことで、記憶に新しい大人女子の方も多いと思われます。

一汁二菜と呼ばれる、日本人の伝統的な食事スタイルとなっている和食は、健康寿命を伸ばすカギともされています。

炭水化物に、脂質やたんぱく質。ビタミンやミネラルや食物繊維。

この六大栄養素がバランスよく摂れるのが、和食の素晴らしいところです。

和食でよく使用されるサンマは、動脈硬化や心筋梗塞を予防してくれるEPA。


脳細胞を活性化にしてくれる、DHAなどずっと若い体を作る栄養素が豊富です。

また、サバやイワシやアジやブリなどの、脂の多い青魚からDHAやEFPは大量に摂れ、刺身にするとより効率的に摂取できます。

1日1食は、魚をメインにするほうが理想的だということになります。

そして発酵食品である、納豆やぬか漬けは腸内環境を整えてくれ、先人のアンチエイジングとも言うべきでしょう。

一方で、現代日本の体を老けやすい体にしているのは、欧米型の食事なのです。

食パンや加工品のハム、油脂のマーガリンや科学的に使われた植物性油脂が使われたドレッシングがかかったサラダなど。

まず、食パンや肉製品などの市販の加工食品には食品添加物がたっぷりふくまれています。

食事で一番いいのは、できるだけ加工食品を使わずに、素材から調理をすることで、和食はまさにそうなのです。

和食が若返り食である理由

  • 和食は健康寿命を延ばす
  • 六大栄養素がバランスよく摂れるく
  • 特に青魚は若い体を作ってくれる
  • 欧米型の食事は老けやすい
  • 和食は先人のアインチエイジング


和食は食べるアンチエイジング、六大栄養素をバランスよく摂取できます。

読み上げ時間:約101秒/斜め読み時間:約26秒

※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

『若返る』3つの考えを斜め読み

最近は『その女性、とても50際には見えない!』と言われるような少し前ではありえないような中年の女性が多くなった事が普通の時代でもあります。それはひとつは若返りの治療ができる美容整形外科や美容皮膚科クリニックが増えたからでもあります。例えば、リフトアップ手術をすれば、見た目年齢を10歳以上下げること可能だと言われています。これは一昔前に比べて美容整形外科の敷居が低くなった傾向もあります。