メラトニンこと睡眠ホルモンで健康に生きましょう。

深く眠ることが若返りのコツ

深くよく眠ることで、美肌とアインチエイジングの最強の味方である成長ホルモンはたくさん出ます。

ここで、どれくらい成長ホルモンが出るのかという決め手になるのがメラトニンです。

メラトニンは通称睡眠ホルモンとも呼ばれ、メラトニンがしっかり働くようになれば、質の良い眠りを確保できます。

質の良い睡眠は、健康と美容に欠かせません。

脈拍や体温などを低下させることによって、睡眠と目覚めのリズムを上手に調節してくれます。


朝、太陽の光が目に入ってから16時間ほど立つと、メラトニンは大量に分泌されます。

そして眠る中で分泌のレベルが上がり、朝方目覚める頃に目が覚められるくらいに分泌量は下がります。寝る前に部屋を少し暗くするとよく眠れるということを、聞いたことがある方もいるでしょう。

これは、メラトニンの明るいと分泌されず暗いと分泌されやすいというメカニズムを利用しているから。また、歳をとると、朝が早くなってしまい夜が眠れないという方もいるでしょう。

それは歳を重ねるごとにメラトニンの分泌量が減ってしまうから。メラトニンの分泌量低下を防ぐためには、起きる時間と寝る時間を規則正しいものにすることです。

朝起きたらカーテンを開けて日光を取り入れましょう。そして寝る際は、1時間前から室内の照明を落として、睡眠時には真っ暗にします。

また、メラトニンは食事からも増やすことができます。バナナやチーズ、マグロや大豆食品を食べましょう。

深く眠ることが若返りのコツ

  • 若返りホルモンは良い眠りから
  • メラトニンは別名睡眠ホルモンく
  • 部屋を暗くすると分泌される
  • 起床時間睡眠時間は規則正しく
  • 食事からも増やせる


メラトニン分泌量を増やし、深くよく眠る女性は若く瑞々しいもの。

読み上げ時間:約105秒/斜め読み時間:約27秒

※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

『若返る』3つの考えを斜め読み

最近は『その女性、とても50際には見えない!』と言われるような少し前ではありえないような中年の女性が多くなった事が普通の時代でもあります。それはひとつは若返りの治療ができる美容整形外科や美容皮膚科クリニックが増えたからでもあります。例えば、リフトアップ手術をすれば、見た目年齢を10歳以上下げること可能だと言われています。これは一昔前に比べて美容整形外科の敷居が低くなった傾向もあります。