体温上げると老けない人に大人女子はなれる

老化防止食べ物

体温が低い人というのは、老けやすいといわれています。

ここ最近、体温が高いとよいという話を、大人女子の方も聞かれると思います。

そもそも、健康な人というのは、体温が36度台ほど。

平均というのは36.8度らしいです、結構高いのですね。

ところが最近では、35度台の低体温の人というのが多いのだそう。

この1度というのは、とても大きな差が生じてしまいます。

痩せやすく、若々しい体を維持するのに必要な基礎代謝力が弱くなってしまうのです。

体温が1度下がることで、基礎代謝力というのは12%も低下します。

そのためにカロリーが消費しにくくなってしまいます。

カロリーが消費しにくくなることで、毎日大福を1個分余計に食べていることになってしまいます。

これは、ゾっとする話ですよね。

そのために低体温は太りやすくて老けやすいのです。

低体温の原因となるのはビタミンとミネラル不足。つまり野菜不足です。

低体温を治すためには、毎日野菜をたっぷりと摂って下さい。

また、野菜の中でも、多く摂ってほしい野菜というのが存在します。

それは、体を温める野菜です。

野菜と一言で言っても、トマトやキュウリは体を冷やすものですから、加熱して食べることを進めます。

ショウガやカボチャ。トマトなどは体を温める野菜ですから、スープにするなどして食べてください。

野菜以外にも、魚介類ならエビやイワシ。果物ならリンゴなどもお勧めします。


冬に採れる食べ物は体を温める効果あり、ビタミンミネラルを豊富に摂って内側からアンチエイジングを。

読み上げ時間:約106秒/斜め読み時間:約28秒

※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

『若返る』3つの考えを斜め読み

最近は『その女性、とても50際には見えない!』と言われるような少し前ではありえないような中年の女性が多くなった事が普通の時代でもあります。それはひとつは若返りの治療ができる美容整形外科や美容皮膚科クリニックが増えたからでもあります。例えば、リフトアップ手術をすれば、見た目年齢を10歳以上下げること可能だと言われています。これは一昔前に比べて美容整形外科の敷居が低くなった傾向もあります。