月経周期に合わせて美人は上手に生きる

老化防止食べ物

大人女子の体には、中学生前半。

早い方は小学生の時から月の満ち欠けが現れます。

女性の体に不可欠な女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンと呼ばれる2種類のホルモンがあります。

エストロゲンというのは、通称「美人ホルモン」と謳われています。

皮下脂肪を蓄えることで、女性らしい体を作ります。

また、内臓脂肪をためにくくしたりコラーゲンを増やすもの。

髪や肌に潤いやツヤ。そしてハリをもたらしてくれます。

むくみや冷え性も防ぎますし、骨も丈夫にしてくれるのです。

さすがは美人ホルモンという二つ名を持つだけ、相当優秀なホルモンだと思いませんか?

もう一つの女性ホルモンであるプロゲステロンは、妊娠を助けるホルモンです。

女性ホルモンは、月経の周期に合わせて分泌されるものです。

しかし、意外や意外。

なんと女性ホルモンは、女性の一生に大さじ一杯分しか分泌されないそう。

驚くほど、少ないと思いませんか?

月経が始まると、肌荒れが起きたりイライラしやすくなりますよね。

月経が終わると、次は肌の状態がよくなり、気分は安定。食欲も抑えられます。

実はこれ、女性ホルモンが大きく関係しているのです。

この2つからなる女性ホルモンが少なければ、生理不順になったり生理痛がひどくなります。

とはいっても、女性ホルモンは体内でしか作られてはおらず、食べ物からの補給ができません。

ただ、促進をうながしたり、似た働きをする栄養を摂取することはできます。

その優秀な食材として、アーモンドとカボチャをお勧めしたいもの。


更年期障害や月経不順の克服に役立ち、見た目も中身も美人を目指しましょう。

読み上げ時間:約108秒/斜め読み時間:約30秒

※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

『若返る』3つの考えを斜め読み

最近は『その女性、とても50際には見えない!』と言われるような少し前ではありえないような中年の女性が多くなった事が普通の時代でもあります。それはひとつは若返りの治療ができる美容整形外科や美容皮膚科クリニックが増えたからでもあります。例えば、リフトアップ手術をすれば、見た目年齢を10歳以上下げること可能だと言われています。これは一昔前に比べて美容整形外科の敷居が低くなった傾向もあります。