若さの秘訣は筋肉。運動で内側からキレイに

003

若さの秘密というのは、ある程度年を重ねた大人女子は知りたいものです。

しかし、若さを保つ上で天敵となる現象が出てきます。

それは心肺機能が低下をすることです。

肺は、呼吸をすることで酸素を取り込み、心臓から新鮮な血液を全身に送って体中に酸素を巡らせます。

しかし、歳を重ねることで心肺の機能が下がってくると、動機がしやすくなったり、すぐに息切れをしてしまいます。

こうなると、少しの移動も嫌になって運動をしなくなります。

そうすると筋肉が衰え、若さを支えてくれる基礎代謝力は下がり、太りやすく老けやすくなってしまいます。

これは恐ろしい。

特に太ももは、筋肉が減りやすくなるのです。

基礎代謝力が減り、太ったことでより一層運動が嫌になって……。と悪循環に陥ります。

そのうえここで太ると、痩せにくくもなります。

悪循環を断つには、動くことで筋肉をつけるしかありません。

軽いウォーキングと筋トレの習慣を身に着け、日常生活でもこまめに動くことで、基礎代謝力が身に付きます。

若返る体には、筋肉は切っても切れない縁。

特に細くなりやすい太ももに筋肉をつけるためにも、ウォーキングは欠かせないのです。

心肺機能が上がることで、血液の巡りがよくなり、酸素もよく行き届くようになります。

すると肌のハリ、髪ツヤが戻ってくるのです。

また、酸素が行き届くようになることで内臓や器官が活発化し、体脂肪が減ったり便秘が解消されたりと良いこと尽くし。

運動は、体の中からあなたを若々しくしてくれるのです。


ちなみに、心肺機能を下げるということで、タバコも若さの天敵です。

読み上げ時間:約109秒/斜め読み時間:約31秒

※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

『若返る』3つの考えを斜め読み

最近は『その女性、とても50際には見えない!』と言われるような少し前ではありえないような中年の女性が多くなった事が普通の時代でもあります。それはひとつは若返りの治療ができる美容整形外科や美容皮膚科クリニックが増えたからでもあります。例えば、リフトアップ手術をすれば、見た目年齢を10歳以上下げること可能だと言われています。これは一昔前に比べて美容整形外科の敷居が低くなった傾向もあります。